midashi_p.gif 普段の食事

l_p3.gif
 普段の食事は一汁一菜、つまり吸い物とおかず一品でよろしい、と言うのが宣長の考え方。

 「つねの饌(ケ)は、羮(アツモノ)一つ、菜(アハセ)にて止べし、しなじな数多ければ、これかれにまぎれて、美きものももはらならねば、さしもめでたくおぼえず、但し他の饗饌は、数すくなくてはさうざうしきこゝちす、あまり多きも、中々めでたからずおぼゆ、数おほくつもりて後々は、うるさくあきたくなるなり、たゞ羮は品をかへて、数おほきもよろし、さて昔はすべて、あつものといひしを、近き世には、始の一つを、汁といひ、次に出すを、二の汁といひて、その余をば、汁とはいはず、吸物といひて、しるとすひ物とは、別なる如し、又いはゆる菜をば、昔はあはせといへり、清少納言枕冊子などに見ゆ、又伊勢神宮の書に、まはりとあるは、伊勢の言歟、此国の今も山里人など、まはりといふ所あり」「(饌)又」『玉勝間』巻14

  なお、前段「饌」には「饌(ケ)をつくりとゝのふるを、俗に料理といひ、それよりうつりて、そのつくりとゝへたる饌(ケ)をさしても、料理といひ、御料理を下さる、結構なる料理などいふ、みな饌(ケ)をいへり」とある。
  因みに宣長は「一日に四五合の飯を食ひ、十里の道を行クことは」(『葛花』)と書いている。これが当時の成人男子の平均であろうか。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる