藤井高尚(フジイ・タカナオ)

 明和元年(1764)〜天保11年(1840)8月15日。備中国(岡山県)吉備津神社社家に生まれる。幼名、忠之丞、通称、小膳、号、松屋。少年時代、備中笠岡の小寺清先に国学を習い、また京都の栂井一室に和歌を習った。寛政5年(1793)宣長に入門し、松坂にも赴き研鑽する。宣長没後は、京都、城戸千楯の塾「鐸屋」でも講釈するなど、鈴屋門の中心的存在となった。著書は『伊勢物語新釈』、『消息文例』、『松の落葉』など。


> >「城戸千楯」
> >「宣長の画像」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる