midashi_g.gif 派手な松坂・質素な和歌山

l_g3

 和歌山の城下は質実剛健を尊ぶ、質素な町で、町としての格式が備わってきたのは宣長が仕えた10代藩主治宝(ハルトミ)以降だという。それでも、大平の手紙を見ると、庭の樹を楽しむのは700、800石以上の人で、1,000石取以上の侍の生活水準が、松坂で言えば江戸店持ちの暮らし振りと同じ程度だった。


> >「町の豊かさ」
> >「南海の鎮(シズメ)・和歌山城」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる