midashi_b 貨幣

l_b3

 当時は、金、銀、銭の3種のお金が併用された。これを三貨制度などと呼ぶ。
 金は何両何分何朱で、4朱が1分、4分が1両。金100疋は金1分。
 銀は何貫何匁何分(フン)何厘何毛。1.000匁が1貫。後は十進法。銀1枚は45匁(金3分弱に両替される)。羽書は原則として銀と同じ。
 銭は何貫何文。1.000文が1貫。なお、96銭、省銭、長銭と言い96文が100文として流通していた。
 金1両は銀59匁6分(『諸用帳』天明8年記事より換算)。通常、金1両は60匁、金1分は15匁。金1両は64札(定率)。
 金と銭の換算は変動が大きいが、平均して松坂地方では寛政年間1両5貫800文程度。
 銀と銭は、銀1匁が92文から100文である。札1匁は約90文余。

 なお、『済世録』に歴然と現れていることであるが、銀の記帳・計算がきちんとなされているのは天明年間までで、寛政以後は(中略)すべて銀目は札遣いになっている。しかも現銀の入金があっても、その記帳の仕方は、金・札と区別してやや下げて記し、集計も「外ニ銀」だけで、銀貨を合計しない。(中略)このように、現銀貨が流通していても、これに額を記入せず、集計もしない例が非常に多くなる。この記帳の仕方は、享和二年(一八〇二)以後も引き継がれる。先述のごとく、当地方の通貨のあり方や幕府の貨幣流通策を考える上で、この現象は特に重要と思われる。」〔一九巻解題五一頁〕

 難しいね。
 仮に、1両を100,000円としよう。『百人一首改観抄』が本屋で売っているのを見つけた。値段は9匁5分だ。これは匁とあるから銀だ。銀60匁が1両だから、大ざっぱに計算すると1匁は1,600円程度か。するとこの本の値段は14,400円位となる。
 但し、1両が今のいくらかについては議論が多く、何をもとに換算するのか議論が多く、10万は高いという人も、反対に安いという人もいて定まらない。


>>「契沖との出会い」
>>「国学はなぜ発展したか」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる