midashi_b 「貸す」と「借す」

l_b3

 宣長さんは、人に本を貸すと言うとき、「借す」と書いた。
 例えば『借書簿』が、宣長から貸した本の覚えであり、書簡には

「只今方々へ借し遣し」(宣長全集・17-87・書簡番号71)
とある。いずれも通常なら「貸」の字が使われる所である。しかしこれは誤りではなく、古は「借」には貸すという意味もあったのである(『大字典』)。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる