midashi_g.gif 北野天満宮(京都市上京区馬喰町)・錦天満宮(京都市中京区)

l_g3

 京菅原道真をお祀りする学問の神様。
 宣長先生は子どもの頃から京都や大坂の天神さんに参詣していた。

 延享2年(16歳)、始めての上京。北野天満宮に参詣する。『日記』には、

「同二【乙丑】二月、北野天神参【二月廿一日立、廿三日京著、廿五日天神参、三月一日京立、同三日帰】」
とあり、天神さんにお参りするために上京したような書きぶりだ。

 延享5年(19歳)、二度目の上京。滞在中に、北野天満宮に二回、大坂の天満宮に一度参詣。錦天神にも参詣。

 延享5年(19歳)年末頃、「日々動作勒記」執筆。毎日礼拝する神仏の名前を記した覚書。中に「洛陽北野大自在天神宮」とある。

 宝暦2年から7年の京都遊学中には度々北野に遊んでいる。また、遊学中、天満宮縁日の数25の「楽」字を使用した書簡(17-27・書簡番号12)を執筆する。

 寛政6年(65歳)閏11月25日、大坂の天満宮に参詣。

 享和元年(72歳)2月、若山からの帰国願書(16-640)に大坂の天満宮参詣予定と記す。

北野天満宮中門

北野天満宮中門。単層入母屋造檜皮葺四脚門。
  前後に軒唐破風を設けさらに上に千鳥破風を付ける。装飾性も豊か。
spacer
絵馬殿の絵馬

絵馬殿の絵馬。
延享4年正月奉納の文字が読める。宣長が2度目の参拝をする前年である。
spacer
夜も人通りが絶えない錦天満宮

夜も人通りが絶えない錦天満宮。
ここの宮司さんは熱っぽく現在における国学の必要性を説かれた。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる