講釈

 宣長は教えるのが好きだ。学問普及という目的もあってのことであろうが、性格と言うこともあるのだろう。ただ、『古事記』を講釈しなかったとか、また具体的な講釈の仕方など謎が多い。


> >「こうさく、くわいどく、聞書」
> >「一ヶ月何回くらい講義をするのか?」
> >「一回の講義のペースは?」
> >「宣長の使った古典のテキスト」
> >「評判上々、御前講釈」
> >『源氏物語聞書』



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる