midashi_o.gif 満足、満足。

l_o3

 この像の自筆は記念館蔵の1点しかない。出来映えには満足したのであろう、すぐ表具された。
 完成したのが寛政2年(1790)8月、つまり当時の季節で言えば「仲秋」。同じ年の『諸用帳』秋の支払い分に、

「金一分六百六十八文、表具ヤ万右衛門」(宣長全集・19-581)
とあるのはこの自画像の表具代だろう。宣長自身の箱書があるのでこの前後に表具されたことはほぼ間違いない。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる