midashi_p.gif 味噌

l_p3.gif
 『玉勝間』に「味醤」という項目がある。味醤は、今の味噌のことである。宣長は『三代実録』の「味醤二合」がこの言葉の初出で、『和名抄』には「未醤」の項目があり、別の『和名類聚抄』では、「未醤」と書かれると紹介し、実はこの「みそ」という言葉は朝鮮半島の方言からきているのだという新井白石の説も紹介する。
 宣長手沢本の『三代実録』『和名抄』味噌の箇所には、印や書き入れがあり、この項目が読書や研究の際のメモをもとに執筆されたことが分かる、『玉勝間』の執筆過程の分かる典型的な例である。


>>『和名類聚抄』
>>「『玉勝間』って面白い本?」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる