midashi_o.gif 森壷仙(モリ・コセン)

l_o3

 寛保3年(1743)〜文政11年(1828)12月15日、享年87歳。松坂の商人。西町に生まれる。名は治助、家は通称山村屋。通称「山治」。家は米穀、繰綿、薬種を商う。曾祖父の代には江戸堀留町にも店を持っていた。父謙卿は養子。松坂近郊の櫛田村(松阪市櫛田町)の奥田氏の生まれ。同家からは名儒奥田三角が出ている。壺仙は長男。少年期より文筆に堪能で、俳諧を好み絵にも長じていたと伝えている。
  著書には『宝暦咄し』、明和8年のおかげ参りのルポタージュ『いせ参御蔭之日記』がある。


>>『宝暦咄し』


目 次
もどる