midashi_b 宣長さんは何のお医者さんか

l_b3
 宣長さんは、患者を見る限りでは大人が多いし、どうも内科中心だったようだ。
 よく宣長さんは「小児科医」だといわれるのは、医学の先生が武川幸順という有名な小児科医だったからだろう。
 また、「小児胎毒丸」とか「家伝あめぐすり」という薬を調合して販売していたことも一因かも知れない。
 既に当時から「小児科医・宣長」という見方もあったのだ。
 上田秋成の『胆大小心録』(異文)にも「ある人、古事記伝を見て、是は坊主落か、と問はるゝ。いや小児いしやの片店商ひしや、といふたれば」、今の言葉に訳すと、ある人が『古事記伝』を見て、これは僧が書いたのかというので、いや小児科医が学者を兼業しているのじゃと言ったところ、という意味。

「製薬の広告案と処方の覚」という巻子がある。
 内容は、
  1. 「【加味】建中飴薬」(春庭筆、宣長加筆。天明3年癸卯正月の日付あり)。
  2. 「精製六味地黄丸」。
  3. 「(小児胎毒丸広告)」(木版)。
  4. 「(むしおさへ広告)」(木版)。
  5. 「天明三年癸卯十二月製六味丸」。
  6. 「天明六年丙午八月製六味丸」。
  7. 「道中薬」。
  8. 「目掛薬方」。
  9. 「つうふう薬」。
  10. 「外科正宗咽喉門金鎖匙」。
  11. 「(寛政四年五月調合覚)」。
  12. 「癩病ノ妙薬」。
  13. 「(薬方覚)」。
  14. 「(天明四年八月中里新三郎口中薬)」。
  15. 「抱龍丸」(寛政5年2月の日付あり)。
  16. 「中里弥五郎地薬」。
  17. 「(おしゅん調合覚)」。
  18. 「(与左兵衛に教える浴湯方)」。
  19. 「(薬方)」。
  20. 「煉薬」。

 ここに集められたのは、宣長が調合した薬や、また宣長考案の薬の覚えのメモだ。中には門人・中里新三郎(常岳)や弟(与左兵衛)、妹(しゅん)のためのものも見え、医療活動の実際を知ることが出来る。それにしても、道中薬と言うから旅行の時の薬、目薬、ハンセン氏病の薬、口の中の薬(うがい薬?)、入浴剤(18)や外科薬(10)と、実にバラエティーに富む。これでは、何医かということは簡単には言えないね。

 

「入浴剤処方」

「入浴剤処方」


>>「上田秋成」
>>『胆大小心録』
>>「堀元厚」
>>「武川幸順」
>>「宣長の調合した薬」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる