midashi_o.gif 野井安定(ノイ・ヤスサダ)の訪問

l_o3

 鈴屋訪問の醍醐味の一つは、宣長の新作を見ることにある。

 寛政8年4月10日、松坂を訪れていた伊予(愛媛県)の野井安定は、暇乞いのため鈴屋を訪問した。安定は伊勢の荒木田久老の門人でもあり、宣長の所に来る前にもそこで勉強してきている。
 さて、宣長は安定に、
 「ところで、伊勢の久老さんは私が送った「あしひき、ひさかたのまくら詞の考」について何か言ってなかったかい」
と尋ねた。
 「いや何も申されませんでした。どんなものですか、見せていただけませんか」 と言うと、宣長は立って机の辺りから何枚かの紙を持ってきた。細かい字で書かれた論文だ。ついでだがこれは万葉の雑歌の考証だ、といって別のものも指し示された。
 「何かに発表済みですか」
と安定が聞くと、
 「いやまだ未発表」
とおっしゃる。安定がその場でその論文を写したことは言うまでもない。
 宣長も自説の評判は気になるのだ。またこういう新作が見えるところに、鈴屋訪問の醍醐味はある。

【資料】
『万葉集答問附録』奥書
「この鈴の屋ノ大人の御考は、一とせ安定松坂に行てもの学ひしてわかれ奉らむとする時、大人の給ひけるは、此ころ荒木田久老ぬしに、あしひき、ひさかたのまくら詞の考をしてつかはしつるか、此事いはれしやと問給ふ、何もうけたまはらでかへりぬとこたへ奉り、其考はいかにし給ひけむやと問奉れは、座をたち、机辺より紙壱枚に考一つづゝ細字に書たるを見せ給ふ、此ついでにのたまひけるは、万葉の雑歌も考置たりとて、又取出しあたへ給ふ、これは何の書籍に入給ひしと問奉れは、いまた載ず、みな考へ置しなりとの給ふは、寛政の八とせといふとしの四月十日の夜なりけり」。
この附録に載せるのは「万葉集一之巻難歌解」「ひさかたの天」「あしひきの山」の3篇。

>>「荒木田久老」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる