midashi_o.gif 本居大平

l_o3

本居大平 宝暦6年(1756)〜天保4年(1833)9月11日。享年78歳。松坂の町人、稲懸棟隆の長男。少年時代の名前は稲懸茂穂。12歳の時、隣の竹内元之に四書五経を習い、13歳の時から宣長の下で本格的に勉強を始めた。

  「伊勢本居宣長の門人に、稲掛大平といふ人あり。よみ歌は師に勝れりと世上評す。常によみ出す所は古体なるが、折節は新古今集の体をもよめり。其中に朝落花といふ題にて、宿りせし山桜戸の朝ぼらけきのふの花も春の夜の夢、其行状、殊に勝れたる人にて、唯和歌の上手なるのみにあらず。」『北窓瑣談』後篇巻1

 学問への熱意と、人柄を見込まれて、寛政11年(1799)2月、44歳の時、宣長の養子となる。文化6年(1809)6月、和歌山に居を移し、『新撰風土記』の編集や、また進講などを務める。

>> 「本居大平七十八歳像」
>> 「稲懸茂穂」
>> 「大平、養子となる」
>> 「大平一族の墓」
>> 「代表的な門人 松坂近郊編」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる