プレゼント

 宣長は「玩物喪志」とはまったく縁遠い人であった。だから「好事家」ではない。
 物を集めないと、やはり好事家にはなれない。大館高門、木村蒹葭堂はその世界の大物だ。また谷川士清もちょっとそんな傾向がある。

 宣長は、知識欲は旺盛だが、物への執着心はほとんどなかった。本も、借りて読めばいい。必要なら写したらいいと言う考え方であった。記録を見ると、駅鈴形の硯など珍しい物もたくさん貰ったようだが、残念ながら残っている物はごく僅かである。
 一番大事にしていた、賀茂真淵先生の書簡でも、懇望する人にはプレゼントしている。
 またプレゼントとはちょっと違うが、神社への寄進も行った。一つが自著『古事記伝』の奉納である。また梅の木も寄進した記録が残っている。


> >「『古事記伝』の奉納」
> >「真淵先生の書簡を贈る」
> >「宣長、梅を寄進する」
> >「プレゼントは隠岐の駅鈴」
> >「賀茂真淵像を貰う」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる