midashi_b 賛の歌

l_b3

*画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

賛の歌【賛の歌】

相坂や行来も絶て深き夜にあらしぞこゆる関の杉むら、
高行

したふぞよ色音になれて花鳥のゆくへもしらぬ春の別を、
常雄

暮深き花の木間に見え染めてひかりも匂う春の夜の月、
茂穂

梢ふく風も音そふまつがねの岩もるし水むすぶすずしさ、元之

暁の夢は跡なき手まくらに露吹のこす秋のはつ風、戒言

花の雪うづむ山路を尋ねつつおいたる駒にまかせてや見む、中行

あふと見し夢の面影かき絶て物おもはしきさよの手まくら、直見

庭の面は桜ちりしく春風にさそはぬこけのいろぞきえゆく、宣長

ふじの根はなかなか雲にうづもれてすそ野につもる今朝のしら雪、棟隆


☆宣長の歌は『鈴屋集』には出ているが、編年体の歌集『石上稿』等に載っていないので詠んだ年は不明。

絵の下の文字【下には何が書いてあるのかな?】
 この絵を作成した年や経過が書かれている。


 「此絵は松坂長谷川常雄が家にもたるをうつしとれるなり、歌は鈴屋翁のかきおかれたるをかなもそのままにうつしたるなり、茂穂とあるは大平がはじめの名なり、文政十年春、七十二翁書(大平花押)」
                
 意訳すると
 「松坂の長谷川常雄の所蔵する絵をそっくりそのままに写した。上の歌は、原本では宣長先生が書いていたが、仮名もそのままに写した。茂穂というのは大平、つまり私のことだ。文政10年(1872)春、大平。」




>>「宣長の歌」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる