midashi_o.gif 世古中行(セコ・ナカユキ)

l_o3

 生没年不詳。初期の門人。名雅述(マサノブ)、通称喜兵衛、屋号黒部屋。また宣長の数少ない女流門人・荒木三野の叔父。

  松坂の「黒部屋」と言えば西町の醸造家の世古恪太郎も同じ屋号。恪太郎は維新の時には勤皇の志士として活躍し、明治になってからは宮内省の仕事をしていて、正倉院を初めて開けるときに天皇の勅使として奈良に赴いた。同一家系であろうと推測されるが未だ調べていない。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる