midashi_g.gif 世尊寺の鐘・吉野三郎

l_g3

 『菅笠日記』に、

  「世尊寺。ふるめかしき寺にて。大きなるふるき鐘など有」
とある。
 世尊寺は、廃仏毀釈で今はこの吉野三郎という鐘と石灯籠を遺すだけである。
 その解説板には、
「世尊寺跡・三郎鐘(重文)。いまは標注一つが、その昔ここに寺があった所だと伝えているにすぎませんが、この上の広場が世尊寺の跡です。明治8年(1875)廃仏の難に遭って廃寺となり、本尊とつり鐘、それに石灯籠だけが残りました。本尊の釈迦如来立像(鎌倉期)は蔵王堂に安置されており、また石灯籠は水分神社の前に残されています。上の丘に残るつり鐘は、俗に吉野三郎と称される名鐘で、初めてこの鐘が造られたのは保延6年(1140)で、平忠盛が鵜飼千斤を施入した旨の銘があり、忠盛が平家全盛時代を築いた清盛の父であるだけに当時のあつい信仰の様子がしのばれます。その後このつり鐘は永暦元年(1160)寛元三年(1245)にも改鋳されているので、現存のものは今からほぼ740年前のものということになります。」

 廃仏毀釈の激しかった奈良については、それ以前の様子を宣長の日記がよく伝えている。例えば、今は聖林寺に祀られる十一面観音像もその一つである。

名鐘「吉野三郎」

名鐘「吉野三郎」
spacer
上千本から眺める吉野山風景。中央やや上が蔵王堂。

上千本から眺める吉野山風景。中央やや上が蔵王堂。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる