midashi_g.gif 七見峠

l_g3

 霧に煙った七見峠を越えて、宣長一行は、今の青山町から、名張市新田へと進む。峠の名前は、阿保の七里が見えるからだという。だが、決して高い峠ではない。今はゴルフ場になっていて旧道をたどることは出来ない。

 それから23年後。寛政7年(1795)4月末、悲しみに打ちひしがれた春庭兄弟もここを通る。失明した春庭の治療のために、切畑村へ行くのは、春庭と弟・春村、妹・飛騨である。春庭の歌が残る。

  「ふる雨に名のみ七見の峠にてそこともみえぬ阿保のむらむら 春庭   此峠を七見峠と云は阿保の七村を見おろすによりていふといへり」

見えぬのは雨のせいだけではなかったはずだ。

「七見峠の道」

「七見峠の道」


>>「眼病治療の旅」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる