midashi_g.gif 四条烏丸の宣長

l_g3

 賑やかな場所だなあ。ここは四条烏丸、宣長の頃も、そして今も京都の中心だ。
 ここから南西に徒歩5分。堀景山の宅跡がある。
 碑が建つ。「本居宣長先生修学之地」。
 右側面には

「先生伊勢の人、宝暦年間今より二百年前、二十三歳にして京に出て此町の堀景山に漢学を修め、近隣の武川幸順に医術を学ぶこと五年郷に帰って国学を大成す。新村出撰文並書」、左側面には「堀景山宅、綾小路室町西入南側、武川幸順宅、室町通綾小路北上。昭和二十六年西紀一九五一、先生百五十年歳記念、本居宣長遺跡顕彰会」
とある。

 宝暦2年3月、上京した宣長は、紹介者を立て、儒者堀景山に入門、同家に寄宿する。宣長23歳、景山65歳。以後、同4年10月10日、武川幸順宅に寄宿するまでここが宣長の住まいとなる。
 武川宅も室町四条の南で、堀家からは指呼の間であった。
 宣長の青春時代5年半はここが舞台となったのだ。

 享和元年(1801)、宣長最後の上京時に宿泊した場所を記念して建てられた「鈴屋大人偶講学旧址」は、脇に「大正二年六月」と書かれている。建碑の経過は残念ながらわからない。また、この碑はしばらくの間、銀行のシャッターに阻まれて見ることが出来なかったが、三菱東京UFJ銀行の新社屋が完成する2007年9月以降は外からも見ることも出来る予定と聞く。大変嬉しいことである。

「四条烏丸の雑踏」

「四条烏丸の雑踏」
spacer
「鈴屋大人偶講学旧址」

「鈴屋大人偶講学旧址」

>>『享和元年上京日記』
>>「京都滞在は面白い」
>>「宣長の最終講義の場所」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる