midashi_v.gif 2、『菅笠日記』行程  第10日目

images_k/l_v3.gif


『菅笠日記』行程  第10日目

spacer【10日目】
  私は気分が優れないと宣長一人籠に乗って、後はぜいぜい言いながら飼坂を越える。大平は茶店の女に気をとられ、宣長は多気で資料調査に夢中になる。その後は、一目散に松阪を目指す、と言いたいところだが、伊福田寺、伊勢山上を見て、堀坂山から眺望を楽しみ悠然と松坂に帰る。
 14日 曇りのち晴?石な原→(宣長は駕篭)→飼坂→峠の茶店・休憩→多気→真善院・北畠の八幡社・庭園→里の事行う者の家・資料閲覧・食事→真善院の前→下多気→小川→柚原→伊福田寺→与原→堀坂峠→伊勢寺→松坂


伊勢本街道飼坂峠付近

伊勢本街道飼坂峠付近

与原から堀坂峠に登る途中には「棚田」のあとがある。
石垣の上が田圃のあった場所だ。
ちょろちょろ流れる谷水がたより。
途中にはマンボも残る。
新潟明訓高校の石川義夫さんが『菅笠日記』のあとをたどって歩いた30年くらい前までは耕作していたが、今は杉林。
沢ガニが歩く。


> >「雪の堀坂山」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる