須賀直入

 宝暦2年(1752)〜文化9年(1812)。享年61歳。宣長の『授業門人姓名録』一本に門人として名前が挙がり、また青柳種信宛大友直枝書簡に「須賀直入と申ハ、本居氏江長ク同居之人ニ御座候」と書かれていて、本居家、また宣長とも密接な関わりがあった人物である。もと武部氏であったとも、文化4年頃から須賀姓を名乗ったともいうが、未だに謎に包まれたことも多い。墓は和歌山吹上寺。墓石には「伊勢、十葵薗主人、須賀直入墓、紀藩侍医兼和蘭訳学、伊勢、武部子藝甫墓、享年六十一」とある。


> >「吹上寺」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる