垂加神道(スイカシントウ)

 江戸時代前期の儒学者・山崎闇斎が提唱した神道説。闇斎は早くから神道に興味を持ち、吉川惟足に吉田神道を、度会延佳(ノブヨシ)に伊勢神道を学んだ。それらを集大成し、朱子学を柱として統合整理した。君臣関係を基軸とした社会秩序の維持を重視し、絶対尊皇の精神を説いた。宣長の母方村田家の村田全次は浅見絅斎の門人、その父の元次は度会延経の門人だが、両師共に闇斎派の垂加神道家である。またこの二人は、嶺松院会再興メンバーでもある。


> >「村田元次と全次」
> >「村田家」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる