midashi_b 柱掛鈴の由緒

l_b3

 柱掛鈴の聯の裏に、春庭の文(妻・壱岐の代筆)が貼り付けてある。

 「古翁の、床のへにわが掛けてあさよひにいにしへしぬぶ鈴が音のさやさや、とよまれし鈴は、いつしか跡かたもなくなりにしを、あたらしくおもひわたりけるまゝに、近ごろしたしき友達に、其よしかたりて又つくらまほしきよしいひければ、其さまはいかにとねもごろにとはれけるに、其鈴は春庭若かりし時みづからつくりしことなれば、そのさまくはしくかたらひければ、人々都の左様の物つくる者にあつらへてめぐまれける、こよなくうるはしく出来にければいとよろこばしくて、有しさまに朝夕引ならしつゝあかずおもひてよめる、かくこそは 千とせもきかめ とことはに ふりし世かけて しのぶ鈴が音、文政五年午冬本居春庭」

  文政5年(1822)春庭60歳。この年の正月22日に長女伊豆が浜田家に嫁いでいる。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる