midashi_o.gif 高本順(タカモト・シタゴウ)

l_o3

 元文3年(1738)〜文化10年(1813)12月26日。享年76歳(一説に78歳)。熊本藩校時習館第3代教授。初め原田氏。名順。通称慶順、慶蔵、敬蔵。号紫溟、せきの屋等。藩医高本氏の養子となり、同氏の本姓李を称する。
 朱子学を信奉する儒学者ながら国学にも関心深く、寛政4年(1792)閏2月、国学振興を藩に提言し、同9年3月30日、門人の長瀬真幸らを従えて鈴屋を訪れた。西から伊勢に来る一行は、『菅笠日記』の行程をたどって松坂入りするという念の入れようであった。土産は、国府煙草、筆。
 宣長は、愛宕町菅相寺で歓迎の歌会を開いた。その時の高本の歌

  「菅笠日記のみちをとめて鈴屋大人をとぶらひて、
 みよしのの花をわけてぞとひ来つる君がしをりの道のまにまに」

 また、熊本での宣長追慕の影前会にも出席する。

【参考文献】
『高本順大人百年祭記念先哲遺稿』大正元年12月。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる