『詞の玉緒』その後

 「『詞の玉緒』は内容が確実で平明であったから理解しやすく、この後をついで古典のテニヲハの研究に入るものが頗る多かった。」(宣長全集5-解15)
 寛政4年(1792)補刻版が刊行された。
 文政12年(1829)再版。
 嘉永4年(1851)再版。
 明治になっても再版された。

 宣長以後も、内容を補ったものや、また解説した本がたくさん出版された。
例えば、
『玉緒繰分』義門
『玉緒延約』幻裡庵日善
『玉緒末分櫛』長野義言
『詞の玉緒補遺』中嶋広足


> > 『詞の玉緒』
> > 「明治18年『詞の玉緒』の新刻が出る」
> > 「中学生に導かれて」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる