谷川士清先生略年譜

l_o3

記号:○士清関係記事 ☆関係記事 ★不慮

典拠:
1『谷川士清先生伝』(谷川士清先生事績表彰会・明治44年11月30日)
2『谷川士清先生』(三重県立津中学校・昭和10年11月1日)
3『復刻近世国学者の研究−谷川士清とその周辺』(北岡四良・平成8年12月23日)
4『国学者谷川士清の研究』(加藤竹男・昭和9年12月3日)
5『山崎闇斎学派』(日本思想大系・昭和55年3月25日)
6『近世神道論・前期国学』(日本思想大系・昭和47年7月25日)
7『近世神道と国学』(前田勉・平成14年2月10日)
8「契沖年譜」(『契沖全集』)
『山崎闇斎の政治理念』(朴鴻圭・平成14年3月15日)
10『垂加神道の人々と日本書紀』(松本丘・平成20年7月30日)
11「士清の学問その二 『和訓栞』について」
   (三澤薫生・平成19年3月4日谷川士清顕彰講座第三回資料)
12『改訂谷川士清小伝』(津市教育委員会・平成11年7月30日)
13『本居宣長全集』
14「本居宣長と『和訓栞』 その影響について」
   (三澤薫生・平成20年10月18日宣長十講「明和期の宣長」第五講資料)

この年譜は、2008年11月8日に津市で行われた講演会「谷川士清について」(講師吉田悦之)で配布した資料に若干の訂正を加えたものである。


1   1 歳 〜19歳(1709年〔宝永6年〕〜1727年〔享保12年〕)
2   21歳〜25歳(1729年〔享保14年〕〜1733年〔享保18年〕)
3   26歳〜32歳(1734年〔享保19年〕〜1740年〔元文5年〕) 
4   33歳〜35歳(1741年〔元文6年・寛保元年〕〜1743年〔寛保3年〕)
5   36歳〜42歳(1744年〔寛保4年〕〜1750年〔寛延3年〕)
6   43歳〜48歳(1751年〔寛延4年・宝暦元年〕〜1756年〔宝暦6年〕)
7   49歳〜56歳(1757年〔宝暦7年〕〜1764年〔宝暦14年〕)
           (1751年〜1764年)
8   57歳〜61歳(1765年〔明和2年〕〜1769年〔明和6年〕)
9   62歳〜63歳(1770年〔明和7年〕〜1771年〔明和8年〕)
10  64歳    (1772年〔明和9年・安永元年〕)(1764年〜1773年)
11  65歳〜66歳(1773年〔安永2年〕〜1774年〔安永3年〕)
12  67歳〜没後1年(1775年〔安永4年〕〜1777年〔安永6年〕)

 

>>「谷川士清」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる