midashi_b 寺子屋の増加

l_b3

 寺小屋は天明期以降激増する。『日本教育史資料』による年平均開業数は、宝暦が2,6、明和が3,8、安永が3,2、天明が12,6、寛政が13,8、享和が19.3と増加していく。
 (『夜学【こころ揺さぶる「学び」の系譜】』上田利男・人間の科学社・1998・5刊)


>>「庶民の日本歴史への関心」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる