殿村安守の命日

 安守の命日には諸説ある。足立巻一氏「篠斎の道楽」(『季刊・歴史と文学』1978年春、21号)に拠れば、  

  1. 『著作堂雑記』巻38に「伊勢松坂なる友人篠斎殿村佐六、弘化四年七月朔日死、享年六十九歳、丁未七月十九日誌」とある。  
  2. 菩提寺常念寺過去帳には「二日」とある。  
  3. 同寺墓石には「三日」とある。
の三つの説が挙げられる。参考まで墓誌を記す。

「実心斎意正道誠居士、願生室心精寿全大姉、覚玄斎正真道意居士」。裏面 「実、弘化四年丁未七月三日。願、安政七年庚申正月廿六日。覚、寛政十二年庚申七月三日」

 「小津清左衛門日記」の7月1日条に安守死去が、
また前日には重篤のことも記されていて、
命日問題は、7月1日と決しました。


殿村安守の墓
 



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる