midashi_o.gif 藤貞幹 (トウ・テイカン)

l_o3

 享保17年(1732)6月23日〜寛政9年(1797)8月19日 本姓は藤原。名は貞幹(サダモト)、字は子冬。通称は叔蔵、号は無仏斎、亀石堂等。父は、京都仏光寺中の坊の院家久遠院権律師玄煕。11歳で得度するが、18歳で還俗。和歌は日野資枝(ヒノ・スケキ)、有職故実は高橋宗直(図南)、書は持明院宗時に、儒学を後藤芝山、柴野栗山に学ぶ。古代への関心が深く、書画や器物、古文書を求め諸国を歩く。
「尤モ古書画ヲ好ンデ、片楮半葉トイヘドモ、必ズ模写シテ遺サズ。金石遺文ヲ索捜シテ、寸金尺石、破盂欠椀ノ微トイヘドモ、古ヘヲ徴スベキモノハ皆模造シテ捨テズ」

 知人には篆刻の高芙蓉(コウ・フヨウ)、韓天寿(カン・テンジュ)など、またコレクター木村蒹葭堂がいた。また、裏松光世(ウラマツ・ミツヨ)が『大内裏図考証』を執筆するときに協力し、「寛政新内裏復古の考案を秘かに助成した」(『日本古典文学大事典』)。
 貞幹はモノマニアックな人である。このような人は他にも多かった。石の長者・木内石亭、貞幹の知人で難波の木村蒹葭堂、宣長門人の大館高門など。だが彼らと違い貞幹は「生涯家貧」であった。  

 そして、この人には暗い影がつきまとう。
 貞幹が天明元年(1781)に出した『衝口発』は、真摯に研究する人たちの反感を買った。なかでも宣長の『鉗狂人』は徹底した論駁であった。
 この中で宣長が批判するのは、証拠として採用して「或る記」や『日本決釈』が偽書であることだ。実は貞幹は「偽書」「偽証」と言う、禁断の実を食べ、その味を知ってしまったのだ。貞幹は外にも古瓦を偽造している。ある人は生活のためだろうと推測する。だが、自説を補強するためとか、生活の糧とか言うのではなく、むしろ偽証が目的化している。

 「古書画に淫し、古器物に淫し、古代一切に淫した貞幹の偽証には、思うままに支配し得る世界を、いよいよ放恣に、いよいよ執拗に構築する喜びが画されているように思われてならないのである」(「偽証と仮託−古代学者の遊び−」日野龍夫『江戸人とユートピア』朝日選書)

 貞幹は一度覚えたこの禁断の実の甘さを楽しんだ。『衝口発』こそ宣長に見破られたが、だが、ちゃんと敵は討っている。 「彼の偽作した『南朝公卿補任』は、後に塙保己一が『南朝公卿補任考』を著わして、その偽書であることを考証した。しかし『衝口発』の偽証を看破した宣長もこれにはだまされたらしく、『玉勝間』巻七「吉野朝の公卿補任」の項で、「いとめづらしきふみなり」と賛えている。『玉勝間』巻七の刊行された寛政十一年(1799)は貞幹歿してから二年目、泉下の貞幹はさぞ快哉を叫んだことであろう」 (日野・前掲論文)

『古瓦譜』序文。
『古瓦譜』武蔵国国分寺瓦。
『古瓦譜』序文。
『古瓦譜』武蔵国国分寺瓦。

spacer
>>「寛政2年の御遷幸」
>>「『衝口発』論争の仕掛け人」
>>「植村禹言」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる