midashi_b 板木彫刻料

l_b3

 寛政9年8月8日付・大平差出有信宛書簡の段に
「玉の小櫛の一の巻は本文四十丁、序四丁、二の巻は六十三丁、合せて百七丁であり、その彫刻料として二十二両一分の手形を浜田侯から両人(高蔭と大平か)が受取ったので、これを有信に送るということである。端数はあとで清算するとあるが、これで見ると一丁の彫刻料は二分強である。表紙外題などの彫刻料を考えると、大体一丁が二分の彫刻料と考えてよいであろう」(『植松有信』P209)とある。


>> 「『古事記伝』板木の値段」
>> 「貨幣」


目 次
もどる