midashi_b 忘れ井

l_b3

 10日間に及ぶ古代史跡の探索の旅の第一番目だ。

 宣長も引くように、「忘れ井」は『千載集』斎宮の甲斐の歌に詠まれた場所だ。宣長も「前から関心があって、わざわざ行こうとも思ったほどだ」。だが、それがどこであるかは議論が分かれる。この日の朝、宣長が通ってきた市場庄の街道沿いにも「わすれ井是より半丁、宝暦改元十一月吉日、東都鳳岡関思恭書」という碑が建っている。さいたま市内にある氷川女體神社にも「関思恭拝書」と言う署名の扁額があることをご教示いただいた。「今その跡とて。かたをつくりて。石ぶみなど立たる所の。外にあなれど」がそれを指すのだろう。だが「そはあらぬ所にて。まことのは。此里になんあると。近きころわがさと人の。たづねいでたる事あり」と、中里常守説を紹介して、宮古(松阪市嬉野町宮古)説に同意をする。 碑も見ているはずだが、これは論外と無視したのだろう。

 ここでちょっと注目したいのは「里人もいひ」という文句だ。この旅で宣長は行く先々で地元の人を案内に立て、また話を聞いている。信じられる話もあるし、またいい加減な話もある。今でこそ、民俗学の調査以外では地元の人の話など無視することが多いが、当時の人、また宣長は、人との対話をないがしろにしない人であった。

 この旅の一つの見所は、この地元の人との対話にあるとも言える。

「忘れ井石柱」

「松阪市嬉野町宮古にある忘れ井の跡」
宣長の古代探索はここから始まった。


松阪市市場庄の忘れ井を指示する道標。関思恭染筆。 松阪市市場庄の忘れ井を指示する道標。関思恭染筆。

松阪市市場庄の忘れ井を指示する道標。関思恭染筆。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる