midashi_o.gif 渡辺清(ワタナベ・キヨキ)

l_o3

 安永7年(1778)〜文久元年(1861)5月7日
 名古屋の大和絵画家。
 縫箔業利平の男。通称大助。号雪朝斎。周渓。
 始め狩野派を学び、上京し土佐光貞に、その後、田中訥言、吉川義信にも学んだ。故実に詳しく、著色に長けていた。
 作品数も多い。また和歌は春庭門人である。
 春庭の歌、

  名古屋の渡辺清の君いとわかかりしほどより深く心をとゝめ
  給ふとて絵をいとよくかきけるによみてまゐらす

色深く さなからうつす うつしゑに そむる心の ほとも見えけり

       (『本居宣長記念館蔵書目録』4−64)

 主な作品には、宣長と平田篤胤の「夢中対面図」や、奥墓のある山室山を描いた秀作「山室の図」など。
  >>「奥墓」

 また、当館には、二条家旧蔵「武者」〔小津茂右衛門コレクション〕も所蔵する。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる