midashi_g.gif 山形県の宣長歌碑

l_g3
  1. 鶴岡市大山公園

    「しき島のやまとこゝろを人とはゞ朝日に匂ふやま桜花」
     昭和13年5月、旭台桜ヶ丘碑刻。

    堂々たる碑です。碑面には、
    「旭臺櫻ヶ丘、加嘉山公園八景之内
    しき嶋の 山とこゝろを 人とはゝ 朝日に匂ふ やま桜花 宣長」
    と書かれ、裏には、
    「昭和十三年五月、加藤嘉八郎有邦建之」
    と刻されています。
    加嘉山とは加藤嘉八郎さんのことでしょうか。
    加藤さんは地元の素封家で私費で公園を開発、碑を立てられたそうです。






  2. 天童市舞鶴山公園建勲神社

    「倭文機袁 織田乃命者 朝廷辺袁 払静米弖 伊蘇志伎意冨淤美」
     明治32年3月建碑。
    歌は「しづはたを織田の命は朝廷辺を払い静めていそしき大臣」
    『玉鉾百首』余り歌の一つです。

    歌の横には
    「織田信長公をたゝへてよめる、贈正四位宣長翁の歌、曾孫正五位本居豊穎書」。
    とあります。
    歌は、織田信長は国内を平らげ精勤の大臣(おおおみ)であることよ、という意味です。
    織田信長を祀る神社にふさわしい歌です。
    碑の裏面には、碑を建てた地元篤志家の名前が記されます。
    大きな碑ですが、万葉仮名で書かれているため見る人も少ないのが残念です。



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる