midashi_v.gif 宵の森の歌

l_v3.gif

 宣長は、寛政9年(68歳)の時に、

「民の戸も さゝて月見る よひのもり めくみのかけの くもりなきよは」
「よひのもり 小高き陰に 里人の 家居もしげく 今ぞ栄ゆく」

と言う二首の歌を詠みました。

「民の戸も」は、
松阪の町の人たちは、今宵も戸締まりもしないで
「よひ(宵)の杜(四五百森)」の月を眺めているね。みんな世の中が
うまくおさまっているおかげだなあ。
また
「よひのもり」は、
「よひ(宵)の杜(四五百森)」の下で、今を盛りと、賑やかに人々は暮らしているよ。
という意味です。

「民の戸」は、松阪神社 「旧蹟意悲之杜名木大樟」の傍らに、
歌碑が建っています。字は本居清造さんです。
なお、このくすの木は、 伝承では1092年に芽生えたそうで、なんと918歳!
「よひのもり」は、松阪駅東口ロータリーに碑があります。
宣長の自筆をもとに、書家 久松貫道氏が配字されました。
櫛田川上流の石に銅板はめ込みです。

この松阪の繁栄を詠んだ二首の歌は、
宣長さんの画賛歌としても人気があったようで、困ったことに贋物まであらわれています。

 

宣長短冊(実は養子大平筆)
松阪神社境内の碑

宣長短冊(実は養子大平筆)

松阪神社境内の碑


>>「四五百森」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる