midashi_o.gif 横山秀世の訪問

l_o3

 先生、私のことを忘れないで・・といって帰った人もいる。

 横山秀世は遠江国平尾村の人、同地の国学者・栗田土満に学び、寛政10年3月17日、遠江横須賀西尾殿家中の潮田景福等と鈴屋を訪問し入門する。鈴屋訪問時の短冊が残る。
  歌は

「いせの国に物まなびにまてきて(詣で来て)かへりなんとするとき鈴のやの大人によみて奉

   としのはにわれはまゐこんかしこけど
             大人の命やわすれたまふな  秀世」

>>「栗田土満」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる