henyohenyo
宣長のネットワーク
1 帆足長秋と京親子の『古事記伝』書写の旅 其の弐
 

鈴屋の前帆足長秋帆足 京母鈴屋



「やっと着いた、ここが鈴屋だ」
「山鹿を出てから2ヶ月半、遠かったわね」
「あの2階が宣長先生の書斎じゃ」
「きっと今も一生懸命研究していらっしゃるのね」


 

目次   もどる   すすむ