henyohenyo  
宣長のネットワーク
4浜田の殿様、宣長と会う。其の参
 

新上屋で会う、宣長、康定、敏松平康定小篠敏henyohenyo本居宣長

 寛政7年8月13日、将軍の代参で伊勢神宮に参る途中、松平康定は念願の宣長との対面を果たした。 土産はもちろん「駅鈴」。 松坂中町にあった本陣・美濃屋。
  康定は耳の遠い宣長を近くに招き寄せ、敏を交えた歓談は夜に入るまで続いた。
  帰りも松坂に寄った康定は『源氏物語』講釈を聞き、『源氏物語玉の小櫛』執筆を依頼する。





目次   もどる