henyohenyo  
宣長のネットワーク
5古代の音色「駅鈴」其の弐
 





国賀の奇岩

国賀の奇岩

 日本海に浮かぶ隠岐。
後鳥羽院や後醍醐天皇の配流の地でもあったこの島に、幻の「駅鈴」が伝わっていたことが知られるようになったのは、今から216年前、天明5年(1785)であった。この年の冬に上京した、隠岐第40代国造幸生が持参して、翌年夏から幸生の師・西依成斎や並河一敬に調査を依頼したことが世に知られるきっかけとなった。


【参考文献】
 『隠岐国駅鈴倉印の由来』
  億岐豊伸著。


>>「国造と駅鈴」
>>「宣長の隠岐の歌」
>>「西依成斎」

国賀の奇岩・二景
spacer

目次   もどる   すすむ