henyohenyo
henyohenyo  
henyohenyo
8 宣長の仕事場 其の弐
 

書斎「鈴屋」机窓床の間の掛け軸柱掛鈴文台本箱henyohenyo

蝶

「先生はお留守だ・・狭いけどいろんなものがある。あっ、鈴だ」
【写真説明】
 53歳の冬に増築した宣長の四畳半の書斎。窓を広く取り明るい。窓からは四五百森も見ることが出来る。書斎の名前「鈴屋」は、床の間の「柱掛鈴」に由来する。宣長の主要著作はここで執筆された。




目次   もどる   すすむ