【もっと知りたい】

 歌会始め  元旦診察  御祝儀、年玉

 歌会始め  

 正月には各歌会でも歌会始を行う。皆、正装して出席したのだろうか。  
 天明5年(1785・宣長56歳)の様子を『三井高蔭日記』で見てみよう。
正月3日、稲懸大平(30歳)より三井高蔭に今年の兼題が届けられる。
 各月、嶺松院会2回と遍照寺1回の計36回分である。『石上稿』を見ると、この年初の兼題は、きちんと守られたことが分かる。また、歌会は低調だったが、宣長を見る限り兼題の詠は毎回詠まれている。但し、『石上稿』に何月何日兼題とあっても、それは必ずしも出席を意味しない。欠席でも歌だけは詠むのだ。
正月7日、三井高蔭、稲懸大平より11日の嶺松院会初会の期日につき相談を受ける。 誰か不都合が生じたのか。この年の歌会は大平の骨折りで進められていったようである。 正月10日、三井高蔭、明日歌会の歌を宣長に届け添削を請う。 ☆『高蔭日記』「本居氏エ詠草遣【明日之兼題也】」。兼題の事前添削は、『服部中庸詠草』などの例もあり、一部の門人では行われていたのであろう。
正月11日、新町樹敬寺塔頭嶺松院会、新年初会。当座出詠者は、中里常秋、長谷川常雄、竹内直道、稲懸大平、宣長、三井高蔭。 ☆『高蔭日記』「暮時退出入夜帰」。夕暮れに会場を出てどこかに廻ったのか、夜帰宅している。


 元旦診察 

 いつも穏やかな正月であったわけではない。診療記録『済世録』には元日から患者の薬を調合したことが書かれている。
【関連項目】 「宣長の医業」


 御祝儀、年玉

 反対に、門人が増えると臨時収入が期待できる。「正月には年頭御祝儀となし白銀一包み御恵、忝なく祝領致し候」(宮地春樹宛・宣長54歳)
  「正月二日、一、金二分、社中より年玉」(寛政10年)


◇ 正月の行事

◇ 注連縄(シメナワ) ◇ 年始開講
 歌会始め  元旦診察  御祝儀、年玉
◇ 正月は出産の季節 ◇ 正月は入学の季節 ◇ 200年前のお正月

毎月の宣長さん
正月の宣長