春の企画展
 「歌を楽しむ」のご案内


【期間】2009年3月24日(火)〜6月21日(日)
【休館日】月曜日 ※5月連休中は開館します。
開館時間 9時〜4時30分
大人300円 子ども(小4〜高校)100円

【展示の見どころ】
 「歌を楽しむ」ことは、本居宣長においてすべての出発点でした。
十代の後半、将来への不安を抱え部屋に閉じこもっていた宣長は
「歌」という楽しみを突破口に、社会へと旅立ちます。
 また、なぜ歌は人の心を魅了するのか、この問いかけが、
やがて、「もののあわれ」論や、『古事記』研究へと展開していくのです。

 今回の展示では、本居宣長72年の生涯を、
「歌を楽しむ」という目でとらえてみたいと思います。
 展示は、宣長最初の歌集『栄貞詠草』から、一番最後の歌を縦軸に、
天皇の実兄・妙法院宮様との歌を通じての交流を横軸として構成します。


【主な展示品】
  「本居宣長四十四歳自画自賛像」
  『栄貞詠草』
  『和歌の浦』
  『妙法院宮懐紙』など。



本居宣長旧宅脇・うっすら雪化粧をしたハルサザンカ(2009年2月17日撮影)


2009.2.18