宣長さんってどんな人?

宣長手沢本『古事記』「本居宣長」―――教科書で一度は目にする名前です。
それまで誰も読むことが出来なかった『古事記』を研究・解読して、『古事記伝』という注釈書を書き上げた、すごい人。
では、宣長って他にはどんなことをやっていたの?
好きなことは?嫌いなことは?
どういうお家で育ったの?何をしてお金を稼いでいたの?
すごい人なのは分かるけれど、宣長さんという人はまだまだ分からないことでいっぱい。謎だらけです。
そのような宣長の謎を解き明かすのが、
今回、本居宣長記念館が作成したガイドブック!
古事記編纂1300年記念刊行の宣長入門書『宣長ってどんな人?』が、いよいよ完成いたしました。
大人も子どもも楽しめる、新感覚の入門書。宣長さんって、一体どんな人だったの?この本を読めば、その答えが見つかります。
宣長の生涯を辿りながら、謎解く「宣長」と『古事記』。それは、古代と江戸時代を結ぶ物語。また、現代へと繋ぐ物語。人々と松阪、そして宣長を結ぶ物語です。

どうしたら買えるの?

『宣長ってどんな人?』は、無料で配布しています。ご所望の方は、以下の方法で。
(在庫切れ)

1. 本居宣長記念館へ入館
   本居宣長記念館へ直接いらっしゃる方は、ご入館後、職員までお申し出下さい。
   新しいガイドブックを持って、さっそく記念館で宣長探索!
2. 郵送
   ガイドブックが欲しい!でも、記念館になかなか行けない……という方には、
   送料200円で郵送もいたします。本居宣長記念館まで、ご連絡下さい。

その他、本居宣長記念館参加の各種イベントでも無料配布させていただきます。



ちょおっとだけ つまみぐい


「宣長さんって、江戸時代に国学をやっていた、あの本居宣長でしょ?『古事記伝』の人でしょ?"入門書"っていったって、難しいんじゃないの……?」
そのような心配はご無用です!
今回のガイドブックは、宣長を"知る"物語。難しいことにはとらわれず、多方面から宣長という人をご堪能下さい。知れば知るほど、いろいろな宣長さんが見えてきます。学者という一面からでは決して見えてこない、たくさんの宣長をまるっとご紹介。
時間使いの達人・本居宣長をこの本で知り、記念館で触れ、鈴屋で体感しましょう。


 

2012.8.5