7月26日は、『古事記伝』完成の日です


 夏も本番となりました。
 7月26日は、宣長(69歳)が、『古事記伝』全巻を完成した日です。
 204年前も暑い日だったようです。
 京都で『古事記』を買ってから42年、
 賀茂真淵先生と新上屋で対面してからでも35年目の完成です。
 最後の文字を書き終えた、宣長の中にはいろいろな思い出が去来したはずです。
 お近くの方は、ぜひ本居宣長旧宅をお訪ねください。
 畳の上に座していただき、宣長の思いを感じてください。


 『古事記』編さん1300年も、いよいよ後半戦です

◇ 『古事記』編纂1300年の切手が出ました。
 八重垣神社の伝 素盞嗚尊・稲田媛命・堂 本印象の「木華開耶媛」・「火退」の4種。図柄は三浦佑之氏の監修です。

◇ イケメンの宣長も登場します
奈良県記紀・万葉プロジェクト 『古事記こども編 なら記紀・万葉名所図会』 が刊行されました。

◇ 宣長の自画像、『古事記伝』を京都でご覧ください。
京都国立博物館「大出雲展」が いよいよ開幕です(7/28→9/9)。

◇ お待たせしました! 『宣長ってどんな人?』古事記編さん1300年記念ガイドブックが来月初めに完成します
  記念館研究員 浦野綾子の快(怪?)作です。

2012.7.25