新規寄贈品をいただきました


6月7日、松阪市日野町の呉服店 和創館・八幡屋様より「本居宣長肖像画六曲屏風」を御寄贈いただきました。また、6月14日には、感謝状の贈呈式が行われました。

     寄 贈 者  (株) 八幡屋  代表取締役 別所 孝雄 氏
     寄 贈 日  2017年6月7日
     法   量  縦1,2メートル  横1,7メートル

「本居宣長没後200年」を記念し2001年に作成された、西陣織の美しい六曲屏風。その後、店内に保管されていたものを、3月に記念館がリニューアルオープンしたことを記念しての寄贈です。44歳・61歳・72歳の宣長が山桜や鈴、掛鈴の歌とともに織り込まれています。
宣長の肖像画などを原資料に、八色の絹糸を用い、熟練の織り手技を駆使した細密美術織の手法で制作されています。縁取り布には、宣長が着用した鈴屋衣と同じ「さや形」の地模様が織り込まれています。
 
公開は、下記の通りとなります。
     公 開 日   2017年6月7日(水)より
     場   所   本居宣長記念館1階 旬コレケース


 

(6月14日に行われた、感謝状贈呈の様子)   

 

2017.6.14