第28回鈴屋学会大会案内

公 開 講 演 会
古事記と源氏物語 歌と物語の文学伝統  
國學院大学名誉教授 日本藝術院会員   岡野弘彦
>> 小林秀雄「本居宣長」
■日時 
4月16 日(土)2時〜3時30分
■会場 
松阪市産業振興センター
  松阪市本町2176 電話0598-53-4487 

研究発表  4月17日(日) 10時〜14時40分

◇ 午前の部 
「小津久足、国学からの離反−久足紀行文を中心として」
皇學館大学大学院 河村有也香

「衣川長秋の紀行文の改訂について」

同志社大学大学院 丸山健一郎
「『勝五郎再生記聞』小考」
神戸大学大学院 門脇大

◇ 午後の部 
「藤井高尚『伊勢物語新釈』について−宣長の影響を軸に−」
明治大学大学院 瀬尾博之
「近世中後期堂上歌人における本居宣長『伊勢物語』評の位置」
相愛大学(非) 盛田帝子
「本居宣長の大祓詞講釈−荒木田末寿『六月晦大祓詞聞書』を中心として」
皇學館大学 本澤雅史

   ■会場  本居宣長記念館講座室(0598-21-0312)
   ■資料費 500円


お問い合わせ 本居宣長記念館 鈴屋学会事務局(0598-21-0312)

◇ 鈴屋学会のご紹介
 鈴屋学会は、本居宣長とその周辺及び国学研究の進展と研究者相互の連絡をはかることを目的に、昭和59年12月に発足しました。現在の会員数は232名。代表委員は杉戸清彬椙山女学園大学教授です。本居宣長記念館に事務局を置き、毎年4月に鈴屋学会大会を開催するほか、宣長十講を本居宣長記念館と共催し、また『鈴屋学会報』(年1回)を刊行しています。

 

2011.4.8