『田中道全集』が刊行されました


田中道麿研究の基本資料『田中道全集』の翻刻が刊行されました。
同集は、編年体の歌集で宝暦7年(道麿34歳)から天明4年(61歳)まで、
約1200首の歌が載せられています。
道麿の第一級伝記資料として評価は定まっていますが、
原本所在が確認できないため、『文莫』26号掲載の複写からの翻刻です。

翻刻は、田中道麿翁顕彰会副会長・山口一易氏の労作です。
今度刊行された本は、山口氏の手書された翻刻を印刷しています。
従って難読箇所はその筆跡を写すことで問題を解決されています。
同集の影印を見た者からは、最善の措置だと思われます。

歌は、言葉遊びやまた故郷を詠んだものなど、
「万葉の鬼」など言われた学究の徒・道麿の別の顔を見せてくれます。

一つ例を挙げましょう。
 「獣名」・「貝名」などの題の歌があります。
たとえば「虫名」は、
   あふみの海 しかにありてふ 小松谷 風の響きは きくもすゞしき
この一首の中に、
あぶ、蚤、蚊、蟻、蝶(てふ)、マツ、ダニ、ノ(?)、ひき(蟇蛙)、蜘蛛、鈴(虫) が入っています。「ノ」には道麿の手で漢字が当てられていますが、
今の漢和辞典では検索できません。
『新撰字鏡』や『類聚名義抄』など古辞書を探す必要がありそうです。
こんなクイズみたいな歌も多く、実に楽しめます。

詳しくは、
養老町教育委員会までお問い合わせ下さい。
連絡先 養老町教育委員会生涯学習課(中島様)
      0584-32-1100(代)


2008.4.21