本文へ移動

宣長十講

宣長十講

令和6年度 宣長十講

宣長を読む
 宣長は学問の未来を信じていました。人生をかけて学び、調べ、そして考え続けたことを記録し、出版などの方法で広く公開しようとしたのもそのためです。
35年という年月をかけて『古事記』を徹底研究し、『源氏物語』にはひとかたならぬ熱意を傾け続けました。自分たちと長い時間を隔てた時代の〈古典〉をより正しく読むために、文法や言葉の扱われ方の研究にも力を入れ、ときには現代語訳という方法にも挑戦しています。また、学問を深めていく中で古道論を展開し、論争も巻き起こりました。
 取り扱う題材もアプローチの方法も異なるさまざまな著作・著述のうち、10の題材について、その内容や特徴をご紹介いただきます。宣長の〈書いたもの〉を通じて、宣長の頭の中に一歩踏み込んでみましょう。

日付題目所属
講師(敬称略)
第1講令和6年5月18日
「直毘霊」と『直毘霊』
國學院大學森 瑞枝
第2講
令和6年6月15日驚きの『古事記伝』草稿本
本居宣長記念館名誉館長
吉田 悦之
第3講令和6年7月20日『玉勝間』巻六「花のさだめ」を読む
福井大学
膽吹 覚
第4講令和6年9月21日音を仮名でどうあらわすか -かなづかいと『字音仮字用格』-
清泉女子大学
今野 真二
第5講令和6年10月19日古代史研究者、紫文要領を読む ー玉の小琴から玉の小櫛へー
斎宮歴史博物館
榎村 寛之
第6講令和6年11月23日表現から読み解く『葛花』
十文字学園女子大学
佐藤 有貴
第7講令和6年12月21日古くめでたき延喜式祝詞の注釈 -『大祓詞後釈』を読む-
皇學館大学
秦 昌弘
第8講令和7年1月18日先生の体験談『うひ山ぶみ』
本居宣長記念館
西山 杏奈
第9講令和7年2月15日宣長と歌の心 ー『古今集遠鏡』をよむー
國學院大學
荒木 優也
第10講令和7年3月15日宣長自筆「安波礼弁」「紫文訳解」を読む
天理大学附属天理図書館
宮川 真弥


● 場所:本居宣長記念館(三重県松阪市殿町1536-7)2階講座室

○ 共催:本居宣長記念館・鈴屋学会
〇 後援:松阪市教育委員会
  

※令和6年度年間登録の受付は、4月20日から始まりました。お申込みをお待ちしております。
宣長十講受講希望の皆さま

令和 6 年度 宣長十講の受講方法についてのお知らせ

◆年間登録制について
◇令和6年度、宣長十講の受講希望者は、原則、年間登録が必要です。
◇登録料は 1,000 円/年です。
◇年間登録の方法は次の通りです。
1. 「宣長十講 年間登録申込フォーム」に必要事項を入力して「確認画面へ」をクリックし、内容に間違いがなければ、送信してください。
2.  年間登録料(1,000 円)をお支払いください。(振込または持参)
※申込用紙の提出・年間登録料の支払いが共に完了した段階で本登録となります。
※本登録完了前には、受講の事前予約ができません。
※第 1 講(5 月18日)を受講希望の方に限り、5 月 18日当日のお支払いでも結構です。年間登録申込フォーム最下段のその他質問等の欄にその旨記載してください。
※年度途中の年間登録であっても、登録料は 1,000 円です。
3. 年間登録申込フォームを利用することが出来ない場合は、「宣長十講」申込用紙ダウンロードページの用紙に必要事項を記入の上、メール等でお送りください。(FAX または来館も可)


◇年間登録者には、以下の特典があります。
・十講開催日当日の入館料免除(登録者本人に限る)
・十講録画配信の視聴(講座開催の数日後から、年間登録者限定で配信)
◇年間登録の申込みは、4 月 20 日(土)から開始いたします。

◆講座の受講方法
◇各回事前予約制です(定員あり)。
◇年間登録者の方も、講座の受講には事前予約が必須となります。
◇予約は、メール・電話・FAX・記念館窓口にて受け付けます。
◇予約受付開始日は、開催当月の 1 日(休館日の場合は翌日)です。
◇予約者数が定員に達し次第、予約受付を終了します。

※各講座開催日の前日午前 9 時の段階で定員に空きがある場合に限り、年間登録者以外の聴講
を受け付けます。この場合の受講料は1回 100 円です。

◆録画配信
◇十講当日に録画した講座内容を YouTube で配信します。
◇録画配信の視聴には年間登録が必要となります。
◇録画配信は、講座開催年度中は繰り返し視聴可能(予定)です。
◇年間登録の際にメールアドレスをご記入いただいた方には、会員限定のログインIDとパスワードをメールにて送信いたします。各講座の数日後よりホームページで会員限定ログインをしていただき、録画視聴のための URL とレジュメデータをご覧ください

※通信環境により、音声や映像が視聴しにくい場合がありますが、ご了承下さい。


【 お問合わせ】
本居宣長記念館
〒515-0073 松阪市殿町1536-7
TEL
0598-21-0312
FAX 0598-21-0371

令和6年度 宣長十講 年間登録申込フォーム

お名前 ※必須
フリガナ ※必須
住所
 
三重県の場合
電話番号 ※必須
携帯可
メールアドレス ※必須



注) 半角英数字のみ
登録料支払方法
その他質問等あれば記載してください
振込先
                
金融機関名    三十三銀行            
支店名    松阪市役所出張所            
口座種別    普通預金            
フリガナ    ザイ)スズノヤイセキホゾンカイ            
口座名義人    公益財団法人鈴屋遺蹟保存会            
口座番号    2125592            

お問合せ                
本居宣長記念館    (宣長十講の件とお伝えください)            
電話    0598-21-0312            
FAX  0598-21-0371            

※年間登録料の入金を確認させていただきました後に、会員IDとパスワードをメール送信いたします。ログインして録画配信のURLと資料をご確認ください。
年間登録申込フォームを利用できない場合、下のボタンをクリックして申込書をダウンロードすることもできます
TOPへ戻る